NIGECROSS

まったりCXer

日本未発売のPROTONEを購入する方法

既に定番の感があるKASKのフラッグシップヘルメットPROTONEだけど、新たにPaul Smithとのコラボカラーが発売されていると友人に聞いて、早速チェックしてみました。

f:id:nigecx:20211020144103j:plain

https://www.paulsmith.com/uk

 

どこで買えるの?

無い?無い?Paul Smithのホームページを隈なく見ても、検索を掛けてみても出てこない。それもそのはず、このヘルメットは本国イギリスでしか販売していない(らしい)。ならばとイギリスのサイトへ飛んで探してみるとあったよ、ありました。あぁかっこええ…欲しい…

f:id:nigecx:20211020144237j:plain

https://www.paulsmith.com/uk

前作はタイミングを逸して買えなかっただけに、今回は是非とも入手したい。Mサイズは売り切れているけど、幸いなことにLサイズは残ってる。頭が大きくて良かった。早速カートに入れてお届け先を入力して…「ゴメンね、あなたの国には送ることが出来ないの、そんな私を許して」みたいなニュアンスの英文が出て日本への配送は不可。oh…

ならば、どうするか

イギリスに友人でも居れば買って送ってもらうことも出来るだろうけど、生憎そんなインターナショナルな人間じゃないので無理です。それでも諦めきれなかったので、前モデル購入経験ありの友人に聞いてみると「毎回高いお金を払って配送代行を頼んでますよw」と。配送代行と言われてもピンとこないんだな。で、調べてみると、海外通販で買った日本へ直接送れない物を、仲介して日本へ送ってくれる業者があるらしい。

それじゃあ、それを使おうと軽い気持ちでパッと見で信用できそうなmalltailにお願いすることにしました。根拠はありません。 Paul Smith からドイツへは送れるらしいので、ドイツのmalltailの営業所に自分の仮想住所(仮想部屋?)を作ってもらって、その仮想住所へポチったヘルメットを送ってもらいます。まぁいま考えれば、イギリスに営業所のある業者を選べば商品の到着も早かったんだろうけど、その時は売り切れちゃ嫌と焦っていたので。

jp.malltail.com

トラブル発生

8月19日にポチって翌日には Paul Smith から発送されました。265ユーロ(日本円換算34,730円)でした。日本の定価とそう変わりません。イギリスからドイツへの送料は、ある程度の金額にいってたので0円でした。順調にイギリスを出発してドイツへ向かっています。翌々日にはドイツへ着いていたのかな?業者はDHLです。

ところが、ドイツへ到着したはずなのに、malltailの私の仮想部屋に向かう動きを見せません。どうしたんだろ?と思っていると、DHLからインボイスが無いと税関を通せないねん。アンケートに答えて、買った証拠を送ってちょ。」みたいなドイツ語のメールが来たので、「中身は自転車用のヘルメットです」「個人で使います」。みたいなアンケートに答えて、買った証拠を見せろ?よく分からないんで、Paul Smithから届いた「お買い上げありがとうございました」みたいなメールをスクショして添付して送り返しました。

それじゃダメ、高いハードル

数日後、また同じようなメールがDHLから届きました。インボイスのpdfが添付されていたんで、通関出来たのね?と思ったけど、メールのスクショじゃ証拠にならないって事でやり直しを喰らいました。そんなこと言われたって、どうすりゃ良いのさ。領収書かカードの請求を提出しろって言われても、カードの請求なんてまだ届いて…たw

早速、カードの請求画面をスクショして、該当部分だけを切り取って送り返した。そしたらやっと動き出しましたよ。malltailからも受け取った旨の連絡をもらって一安心。ここからはmalltailで検品してもらって、ドイツから日本までの送料を計算してもらったら、それをカードで支払います。支払い方法はカードのみです。今回は国際配送料59USDと燃油サーチャージ3USD、転送手数料6USDで68USD(日本円で7,612円)を支払いました。てか、転送手数料安くない?

ようやくご対面

そうして、ポチってから3週間弱の9月8日にPROTONEは無事に手元にやってきたのでした。でも、最後に税金というものを支払わないと手には出来ないのです。また、この税金の計算が面倒くさい(言われた額を払えば良いだけなんだけどね、一応計算しておきます)。

税金の計算

関税の計算

34,730円(品物代金)×0.6(課税対象額)=20,838円(課税標準額
20,000 円 (千円未満切捨)×0.044(ヘルメットの関税率)=880 円 (関税額)→800円(百円未満切捨)

消費税の計算

20,838 円 (関税の課税標準額)+800 円 (関税額)=21,638 円 (これに対して消費税率がかかる)
21,000 円 (千円未満切捨)×0.078(消費税率)=1,638 円 (消費税額)→1,600円(百円未満切捨)

地方消費税の計算

1,600 円 (消費税額)×22/78(地方消費税率)≒451 円 (地方消費税額)→400円(百円未満切捨)

支払うべき税金の計算

800 円 (関税額)+1,600 円 (消費税額)+400 円 (地方消費税額)=2,800円

支払うべき金額は…

2,800 円 (税額)+330 円 (佐川急便代引手数料)=3,130円

 

※輸入時の関税・輸入消費税は、商品代金(輸送費用等を除く)の60%に対して課税されます。

 

どうも計算が合わなくて、うーんうーんと考えてたんだけど、佐川急便の手数料が330円なのね。郵便局と同じ200円で考えてた。で、3,130円を届けてくれた配送員さんに支払ってようやく手にすることが出来ました。

f:id:nigecx:20211020150058j:plain

Paul Smith(発送)→malltail(受取り、検品、再梱包、発送)→私(支払い、受取り)


今回のヘルメットの個人輸入に掛かった費用は、34,730円(ヘルメット代)+7,612(日本への送料と手数料)+3,130円(税金)の45,472円となりました。標準品と比べると割高ではあるものの、欲しかったヘルメットを手にすることが出来て満足しています。

f:id:nigecx:20211020150213j:plain

箱や明細書も何だか高級感


と言った感じで参考になりましたでしょうか。大した知識がなくても、配送代行業者のホームページとグーグル翻訳だけで何とかなりました。直に日本に送ってくれないからと欲しい物を諦める必要はありません。ま、少しばかりお値段張りますがw

f:id:nigecx:20211020150253j:plain

Photo by MITSUI Itaru